トップ / 病棟保育士の求人に有利な資格とは

病棟保育士の求人に必要な資格

病院で病棟保育士として働く場合、保育士の資格が必要になります。これがあれば、病棟保育士求人を探すことができるのですが、実際に現場に入ると病気などで長く入院している子供を対象に働くことになりますので、医療についての知識や看護についての知識がどうしても必要になってきます。

それに、病気を抱えた子供の不安を取り除き前向きな気持ちになれるよう背中を押す為には、カウンセリングや心理学などについても知識があった方が良いと言えるでしょう。このように、病棟保育士になるには、一般的な保育園で働く場合に必要なスキルはもちろん、学ぶべきことがたくさんあるのです。

病棟保育士を目指している人の中には、「医療保育専門士」を目指している方もいます。この資格は、病棟保育や障がい児保育、病児保育に必要とされる専門知識を有する資格認定制度です。認定を受ける為に必要な条件は、1.日本の保育士資格があること。2.日本医療保育学会の会員であること(会員歴が一年以上)。3.病児保育や障がい児支援施設など、決められた施設で一年以上の実務経験があることなどがあり、講習と論文審査を受けることになっています。

また、「保健児童ソーシャルワーカー」もあると良い資格の一つです。これは、病気の子供や障がい児へのサポートをはじめ、子供たちの心と体のケアをする資格です。他にも、子育ての悩みの相談を受ける時にも役立つ資格です。保育士や幼稚園教諭、養護教諭について専門的に履修した人に受験資格が与えられ、医学一般と児童ソーシャルワークが受験科目となっています。

他にも、看護師の資格を目指す方の姿も見られます。そもそも求人が少ない病棟保育士ですが、採用された時に良い仕事ができるよう、今から資格取得を目指してみるのも良いかもしれません。

Copyright © 求人の少ない病棟保育士とは All rights reserved