トップ / 病棟保育士求人の勤務形態とは

病棟保育士の求人の働き方

数多くの保育園がありますが、傾向として、朝7時くらいから19時くらいまでの間に子供を受け入れている所が多いようです。また、この時間にプラスして延長保育を行っている所や、夜間保育を行っている所もあります。ざっと計算しただけでも、半日以上開園していることになるのですが、保育士たちはこの時間シフト制で働いています。一日の勤務時間は、8時間。また休日についてですが、現在は週休二日制になっているところが多くなっているようです。

病棟保育士の場合は施設によって違いがありますが、朝8時~17時までの勤務時間になっているところや、7時~20時までの間で8時間勤務としていて、シフト制になっているところもあります。また、日勤だけでなく夜勤もある交代制のところもあります。他にも、早番遅番があるところもあります。

週休二日制を導入しているところも多くなってきています。このように、施設によって勤務形態に様々な違いがありますので、求人チェックをする際には注意してください。また、病棟保育士としてパート求人が出ていることもあります。その場合は時給制になりますが、夜勤専従の方が日勤よりもだいぶ高くなっているようです。

また、病棟保育士とは異なりますが、院内保育所で働くことも可能です。院内保育所とは、病院自らが設置した看護師や医師などの子供を保育する為の施設。院内保育所は、病院内に設置されていたり病院の近くに設けられていたりすることが多く、24時間365日体制になっている所も少なくありません。

24時間体制で働く看護師や医師たちの子供を預けられるこういった施設は、多くなってきています。院内保育所で働く場合も、交代制で8時間勤務となっています。また、週休二日制になっているところが多いようです。

Copyright © 求人の少ない病棟保育士とは All rights reserved