トップ / 病棟保育士の仕事内容と求人

病棟保育士の求人と仕事内容

病棟保育士が保育園で働く保育士と違う点は、入院している子供たちを対象に働く為、医療や看護についての知識が必要になっていることです。もちろん、医師や看護師などの資格は必要としていませんが、医療従事者との情報のやり取りもある為、医療についての勉強は必要になってきます。

入院している子供たちを集めて、その子に合わせた遊びを提供することも必要な仕事ですが、他にも看護師と一緒に生活支援を行う仕事もあります。また、病院に入院している子供たちの不安に寄り添い心のケアを行う大切な仕事もあります。長く入院していると、誰だって気分が落ち込みやすくなります。そんな中、元気や勇気を与えることも、病棟保育士の仕事でありやりがいでもあると言えます。

病棟保育士として働く場合、日勤だけの所もあれば夜勤もある交代制の所もあります。施設によって一日の流れに違いがあるのですが、午前中は健康チェックを行い、歌や遊びなど集団保育。そして食事介助をしながら昼食。午後になったら、集団での保育が難しい子供を対象に保育を行い、医療スタッフとの情報交換をしたり、子供たちやその家族と情報交換を行ったりします。施設によって業務の流れに違いがありますが、だいたいこのような内容で一日が進んで行きます。

病棟保育士の求人は、あまり多くない為競争率が高い傾向にあります。それに、経験豊かな保育士を求めている所、求人も多いとのこと。病気の子供の保育をする場合、保育経験が多かったり保護者とのコミュニケーションに慣れていたりする方が、スムーズなのかもしれません。病棟保育士は、保護者から子供の入院生活などに対する不安の相談を受けるといった仕事もありますので、コミュニケーション能力は必要不可欠なのです。

Copyright © 求人の少ない病棟保育士とは All rights reserved