トップ

病棟保育士は求人が少ない

子供の頃は、看護師になるのが夢だったのですが、気が付けば保育士として働く道を選択していました。保育士の仕事は、大変やりがいがある仕事なのでこの道を選択したことに後悔はしていません。しかし今、病院で働きたいと強く思うようになり、病棟保育士として働こうと転職活動をしています。

病院で働く保育士には、「病棟保育士」と「医療保育士」があります。どちらも、特別な資格は不要とのこと。主な仕事内容は、子供たちとコミュニケーションを取りつつ一緒に遊んだり、学童児に学習支援を行ったりすることをはじめ、食事や睡眠、排泄、感染症対策などのお世話をすることです。

また、医師や看護師に子供の様子を伝えるなどして、医療をスムーズに進められるようにすることも大切な仕事の一つ。もちろん、保育士は医療行為を行うことはできませんが、仕事をする上である程度の医療知識は必要と言えそうです。

他にも、子供や子供の家族の心のケアやサポートなども行います。大人であっても、入院生活は不安になることが多いもの。まして小さな子供であれば、その不安は計り知れません。そんな時、心身共に強い味方になってくれる保育士の存在は、とても大きいと言えるでしょう。子供や子供の家族が安心できるよう、病院で働く保育士は知識を得る為に勉強しなければなりません。しかし、だからこそやりがいのある素晴らしい仕事だと思うのです。

病棟保育士と医療保育士は、その仕事内容にあまり大きな差はありません。ただ、この二つを比較した場合、医療保育士の方が医療や看護についての知識が多く要求される傾向にあります。また医療機関では、病棟保育士や医療保育士の採用は一人であることが多いようです。その為、責任も重大。勉強すべきことはたくさんありそうです。

保育士の求人を探す方法 保育士だけを募集するおすすめ求人サイトまとめ 保育士だけを募集する求人サイトで理想的な転職を成功させましょう。
保育士の求人を探す場合、色々な方法があるのですが、私は保育士専門の求人サイトを利用することにしました。もちろん、一般的な求人サイトでも保育士の求人を探すことはできます。しかし、保育士の仕事や保育士の職場について詳しいカウンセラーがいるところの方が相談しやすいと思ったのです。それに、前向きなアドバイスをもらえるといったことも期待しました。保育士専門の求人サイトの中には、元保育士のカウンセラーがいるところも少なくないと聞きます。しかも、求人情報量が多いところも魅力に感じました。

ハローワークで求人探しをすることも考えたのですが、私は既に働いているので何度もハローワークに足を運ぶのは大変かもしれないと思いました。それに、転職活動をしていることも、できれば周りの人たちに知られたくないと思ったのも事実です。同僚たちに転職活動のことを知られてしまうと、毎日の仕事に支障が出る可能性もあると思ったからです。このような理由から、まずは保育士専門の求人サイトを利用しようと思ったのです。この方法なら、自宅で空いている時間で転職活動ができます。

病棟保育士や医療保育士として働ける求人は、あまり多くないと聞きます。その為、常に求人情報をチェックする姿勢が必要になります。のんびりしていては、良い求人情報を得ることができません。非常勤やアルバイトであれば、個人病院のような病院でも求人があるようです。しかし、私は総合病院などで長くしっかり働くことを目標にしていますので、焦らずじっくりと転職活動をして行きたいと思っています。そして、今から医療についての勉強も始めようと思っています。

Copyright © 求人の少ない病棟保育士とは All rights reserved